オーガニック無添加食品

土にかえる植物性包装

生活そのものはオーガニックノープラに

土にかえる包装

 地球環境保全の観点から、土にかえる堆肥化可能な植物性包装を使用しています。

 土にかえる透明な完全植物性素材導入は食品業界では、当店は日本ではじめてです! 

 包装用袋はチャックなので、開け閉めを何度も繰り返すことができます。

 袋を土に埋めると、微生物の働きによって完全に分解され土にかえります。

 分解の際に、汚染物質も一切発生しませんし、製造段階では石油由来の化学物質一切不使用。

 ビニール・プラスチック製品を完全不使用のエコ包装紙です。

​ オーガニック食品はようやくオーガニックになり、生活そのものもオーガニックに

DSC_3770__81067.1618747879.500.500.jpg

オーガニック無添加

オーガニック・無添加・地産品などを、量り売りと小分けにして、店舗販売や卸売りを行っています。

エコ一企業

小さな商店の店舗は、古民家を再生して開店しました。伝統建築に基づいた構造を利用し、環境問題に配慮した建物を実現。

 光取り窓と吹き抜け、そして無双窓を活用し、照明器具を利用しない商店に。壁は竹小舞をかけ、土壁を際実現しました。それから、昔ながらの竈も自ら土で作成し、非電化・非ガスの厨房を実現。健康的なオーガニックのランチを提供することも。昔ながらの地球に優しい調理方法で、味はもちろん、体にも優し食事です。これで店の特徴・魅力を生み出す。

自家栽培

 浅口市金光町では、農薬・化学肥料を使用しない、小規模農園も経営。2013年より、休耕田を再生して始まりました。
 稲・豆・麦を中心に、農薬を一切使用せず無肥料で栽培。野菜は農薬・化学肥料を一切使用せず、油粕・米ぬかなどの有機肥料のみ使用。自然農法やパーマカルチャーなどの農法からヒントを得て小さな商店なりの栽培方法を行っています。